FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

引きこもりの初動対応??

こんにちは。

毎日暑いですね。
昨日は午後雷雨となり夜は気温が下がりました。

一息つけますね。



前々回書かせて頂いたタロの籠城について
書いておこうと思います。


自転車事故後タロは何となく私を避けていて
私は様子を伺っていました。


その中で「黙ってパンツ捨てた」事件が置きました。


その日タロはリビングでゲームをしていて
イヤホンをしていたのですが
勉強中のはなちゃんはイライラ

小競り合いがあったそうです。


私がお気に入りのパンツ捨てたことで怒り心頭となったタロ、

謝ったというのにまだキーキー言っているので

性格が悪い、といったところ

部屋に三日間閉じ籠りました。


学校は行きますが私が在宅の時間は籠っていて
冷蔵庫の中のものや買ったものを食べて居たようです。


籠城三日目の朝、情報番組の特集で
高齢化する引きこもり、というものを見ました。


引きこもる人は鬱傾向の方が多いのかなぁと思いつつ
怖いもの見たさで見てしまいました。


最後にコメンテーターの方が

「そもそも初動が大事!こうなる前に沢山チャンスはあったはず!」
とおっしゃいました。


あれ?、タロの籠城って引きこもりの始まりなのかも??

初動っていつ?
今でしょ!今!!

と思いすぐその勢いでタロに手紙をかきました。



そもそも気持ちがくさくさしているところに
わざわざ嫌みっぽく性格が悪い、なんて
上から目線で母親が言うのがいけないのです。

私はパンツを捨てたことはこれ以上謝る必要を感じなかったので

母親の私が性格が悪いせいで家庭の雰囲気が悪くなり
喧嘩になったことを申し訳ないと詫び
これからは受験を控えたはなちゃんを応援しよう、そして
遠からず家を離れるのだから仲良く過ごしたいと書きました。


しかし

この置き手紙にタロは気がつかず
私の姉が介入して
漸く天岩戸は開かれました。


この辺も詳しく書くと長いのですが

書けば愛息の悪口にしかならないため

止めて置きます。


結論、日本語が苦手な男子高校生には

母親の愛情籠った手紙は鼻紙にもならない無用の長物とわかったと

お伝えいたします。





ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
喉の渇き
暑さに渇きを感じた喉には、嬉しさ感じる水も、必要を感じていない時に、口元に押し付けられても、飲みたくはないのでしょう。

親の気持ち、これほど、、と、親は思うのですが、
子供には、、時々しか伝わらないのです。

先日の、” 他人 ” となる話。

いかがですか?
他人なら、読まない手紙、
生意気で我儘な態度、


きっと、その内に、、と、待ってあげるコトができると思いますが、

我が子だから、伝わらないコトにイラ立ち、
勿論、息子さんも、親へのアマエ(本人はアマエなんて、御感じてはイナイのでしょうが、、)

でも、コチラが年上ですから、、ちょっとだけオトナの対応いたしましょうか?

大丈夫、喉が渇けば、ゴクゴク飲むのですから、、
待つコトも大切ですよ。

私も沢山の失敗、積み上げて、山の様です。
参考になれば宜しいのですが、、
2017/07/19(水) 09:30 | URL | マーニ #4bWz8s1g[ 編集]
同じ番組かしら?
私も見ました。
以前も見たことあるコーディネーターでした。
そもそも引きこもり解消ビジネスが成り立つこと自体おかしいと思い、日々子供に接するようにしていました。
私も悪い例ですが、親に認めてもらえれば反抗せず仲良くできると根本ではわかっています。
けれど人間、カチンとくること言われたら頭にくるし、売り言葉に買い言葉もありますし。
何より反抗期の中高生は頭の回転が早く、その上で親を試している。
大人になれと言われても、元来子どもで親離れできなかった私にそんなの無理!と思ったこともあります。
けれど、私は自分が嫌いな部分には親が絡んでおり、それは子供に引きついで欲しく無いな、と日々「私は大人、仮にも大人」と言い聞かせて怒りを鎮めて話をするようにしています。

一番いけないのはこどもが「親に見捨てられた」と感じてしまうこと。
ケンカしても嫌われても、会話したり食卓囲んだり、同じ空気吸っていれば引きこもりにはならない、といったニュアンスの話を、先日亡くなられた佐々木正美先生はおっしゃっていたことがあります。
疲れることもあると思いますが、いずれ親から離れて行くのです。
話がズレてしまいましたね、ごめんなさい。
私もまだまだです、お互い頑張りましょう!
2017/07/19(水) 09:45 | URL | lai #-[ 編集]
マーニさん
こんにちは。
違う見地からのアドバイス、大変参考になります。
自分を客観視することや出来事を第三者として評価し対応出来ると
それが例え親子げんかであったとしても
正しい結果に近づ く早道なんだろうと思います。

私の方が30年も長く生きてますので
一歩引いた大人の対応が出来るように頑張ってみます。

また事後私自身が引きずらないためにも
「他人」の 目線は役に立つと思いました。

以前美輪明宏さんも人生相談で
家族間のトラブルこそ他人と思って対応しましょうと
書いていらっしゃいました。
本音をいうのも腹八分、
自分の母親との距離感はそれでいいと思いましたが
自分の子供たちに距離を置くのは難しいですね。
片思いに似ているかもしれません。

コメントをありがとうございました。
2017/07/19(水) 17:55 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
No title
こんにちは。
はしょった部分もlaiさんはお見通し、と思います。

今回は謝り方が気に入らないなどと
説教がましいことまでいわれれました。トホホ。

私が謝っても受け入れようとしないので
しまいには私も逆ギレし
もういい、あきらめますと言ったところ
加害者が諦めてどうするんだと
私が作ったおかずをむしゃむしゃ食べながら言われました。

情けない事です。

高校生になってから急に大人びたことを言うようになりましたが
まだまだ中身が伴っておりません。
それでも家族でリビングで過ごせる幸せは変えがたいものがあり
本人の我が儘、甘えを許してしまいます。
やはり親が我慢する方が互いに丸く収まりますね。
佐々木正美先生の本はまだ呼んでおりませんが
今から読んでも役立つような内容なのですね。
探してみます。
あと数年しかない子供たちとの時間を良いものにしたいと思っております。
いつもアドバイス、情報をありがとうございます。
2017/07/19(水) 23:17 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター