子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

自転車事故で反省しきりです

こんにちは。

今日の日差しは朝から危険。

汗だくでは同僚に迷惑なので
自転車通勤は止めました。


変わりにはなりませんが
ストレッチは始めました。

初日の晩は
足がだるくトイレが近くなって
安眠できませんでした。

普段使ってない部分が沢山あるのでしょうね。



さて更新の間が少し開きました。

喧嘩になった後
タロが自室に三日間籠城したので
書く気になりませんでした。


私の場合ブログは色々事件が起きているときほど
休みがちになります。


こうなるにも理由が有りました。

一つ我が家にとっては重大事件があり
家庭の雰囲気が良くなかったからです。


というのも

タロが自転車で交通事故を起こしました。


学校帰りにタロが先頭で走っていて
路地から太い道路の交差点に侵入
直進してきた自転車と衝突しました。

幸い双方怪我は無かったのですが
相手の高齢男性が立腹され
警察が入った後も
二時間以上路上で揉めたようでした。


途中携帯に警察から電話が入り

「怪我は無いのですが一応来られますか?
来られないですよね、良いです、来なくて
高校にも連絡しなくて良いです」

と事情のわからない私には不思議な内容。



後から本人、友人の母上情報によると

相手の高齢男性の怒りが激しく

子供たちは通りがかりの方のアドバイスで
警察に助けをもとめ

高校からも先生に来ていただいて
丸く納めて頂いたそうなのです。


タロは言い返すことはしないですが
さっと謝ることも出来ないタイプです。

自分が常日頃学校でも家でも注意されている自転車事故を引き起こし

路上で知らない大人の人に大声で怒鳴られ

通行人や警察が集まり大事件に発展。


高校生とはいえ発想の幼いタロは

きっと停学、退学?!と思ったことでしょう。


相当にへこたれていました。


もちろんその後自転車も乗っておりません。



はなちゃんにはその話をしたそうなのですが
私には殆ど報告なし。

「もう高校生なんだから先生にも電話しないで!!
自分でちゃんと職員室に謝りに行ったし!!」

とぴりぴりしていました。



反省しているようでしたので追求はしませんでした。



本当に相手の方にお怪我が無くて良かったです。



一歩誤れば命に関わることもあるわけですから。




そしてその翌日に喧嘩になりました。


私もタロも虫の居所が悪かったということなんだと思います。




一つ一つを良い教訓としていく以外ありません


神様仏様、ありがとうございました!
私も襟を正して気を付けます。





ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
心配でしたね
こんにちは。たまにお邪魔しています!
自転車は他人事ではないので、ドキドキします。
高齢者の方の対応は、なかなか難しいです。以前年齢的に自転車で蛇行して乗っていた高齢者の方を追い抜いた高齢者の方が、怒鳴りつつ自転車をわざとあてに行く、という、壮絶な場面に遭遇したことがありました。
高齢者の方特有の事情を周囲が理解をしておいたほうがいいんでしょうけど、そうはいっても「そこまでしなくても」と、受け入れがたい時があります。
怒りスイッチが入った方は本当に難しいので、息子さんもさぞかし頭が真っ白だったかと思います。。。
とにかく、間に入ってくれる方がいらっしゃって、相手から逆に暴力を振るわれることもなかったようで、良かったですね。
2017/07/16(日) 07:53 | URL | pinoko4444 #-[ 編集]
事故
親子とは不便なモノです。
期待や信頼が大きいから、事故が起きるとつい、余分な苦言

相手にも親子の ” 甘え ” がありますから、このくらいは解ってくれるだろう、、と、

こんなすれ違いから、問題の事故以上に、大変な結果になるコトもあります。

おせっかいですが、、ちょっとだけアドバイス。

お互いに話し合う時、他人に話す気持ちで接するコトです。
タロ君も、お母さんに話すのではなく、心配してくれた通行人に話す様な気持ちで、、キチンと説明、、悪い所は謝る。

お母さんも、他人の息子さんだと思って話を聞く。
ウチの子が情けないとか、感情に走らないで、次までにドコを直したら良いのかを、一緒に考えてあげる事。

自転車の通行は最近になって、規則も厳しくなりました。
高校でも、そんな指導があったのでしょう。

相手の高齢者の方の怒り、、これも、思い込みとか、誤解も
あったのかも知れません。

自転車に乗って、スマホの画面やイヤホンの音に気を取られて、前を十分見ていなかった、、だろう、とか、

そんな、報道や人の声に、高校生を見る眼が少しズレていたのかもしれません。

怪我がなくて幸いでしたが、次は、、困ります。

家族での話し合い、必ず、次に繋げる話でなくては意味がありません。どうぞ、お互いの動揺がしずまってからでも、キチンとお話下さい。
2017/07/16(日) 07:54 | URL | マーニ #4bWz8s1g[ 編集]
pinoko4444さん
こんにちは。
今回の件は私も現場に行けず詳しいことはわかりませんでした。
自転車は凶器ともなるので自分自身が自転車に乗ることも
改めて本当に注意が必要だと思いました。
今回人身事故扱いにはなりませんでしたが
ぶつかったことは事実ですし反省しきりです。

その一方で相手の方にお怪我がなく
がっちり怒鳴られたことでタロが世間を知ることになったのが
逆にラッキーであったと思いました。
ちょっとした事故でそのまま過ぎてしまったら
きちんと反省に至ることはなかったかもしれません。

私も最近高齢の方が停留所の順番待ちで殴り合いのけんかになる現場をみました。
怒りのスイッチ、考えると怖いです。
今回は息子も一人ではなかったので本当に良かったです。

コメントを有難うございました。
2017/07/16(日) 10:35 | URL | ミーム #-[ 編集]
マーニさん
こんにちは。
丁寧にアドバイスを書いていただき、ありがたくももったいない気持ちです。

今回の事故だけでなく私の子育ての中で足りないと感じていた部分まさにそこなんだと思います。
親としてはいつもきちんと話をしないとと思うのですが
タロは話し合いと言えばウニのようになって
自分の言いたいことを上からわーわー被せてきてさっと部屋に入ってしまいます。

今回は別のことでふくれて部屋に三日間籠城してしまい話をするどころではありませんでしたがこの連休に話してみます。
先輩ママ友には二人だけで夕食を外でとると
ゆっくり話がきけるよ、とアドバイスをもらいました。

さすがに息子ももう一生自転車には乗らないかもと申しておりますので
反省してないとは思わないのですが
事が起きたときにきちんと反省することは大事です。
お互い冷静に話せる場を持ちたいと思いました。

コメントを有難うございました。


2017/07/16(日) 11:01 | URL | ミーム #-[ 編集]
高齢者は避けても避けきれない。けど…
うちの方は高校生の自転車事故が多発してます。
上の子も自転車通学だし、気をつけるようには言ってますが、見てるわけではないから心配です。
そして、学校では自転車安全講習なるものをやったようですし高校生は言えばわかるのですが。
どちらかといえば高齢者は自己中、警察もおさめるのが大変だったことでしょう。
旦那が高齢者に車ぶつけられたことありますが、状況を覚えていない割には頑固で。
やはり、二時間かかったそうです。
私は家の駐車場に車庫入れするためにハザードランプつけて待っていたら「ここは狭いんだ!停めてるんじゃないよ、聞いてるのか!?」と対向車のじーさんに何度も繰り返し言われたことがあり。
でもじーさん、私の家はここだからと言ってもまくし立てて聞かないし、じーさんの後ろ20台くらいクルマ連なってるし、文句をひと言で終えてくれたら後ろの車の方々にも迷惑かからなかったのになぁ、と、相手が年寄りならもう、逃げるのも手だなと思ったことがあります。
タロ君は若いから余計キツかったんじゃないかしら?
キツかったことは寄り添ってあげてください。
事故ももうゴメンでしょう、でも反省はしているようですから、出かけるときに「気をつけて」でよいと思います。

長々と失礼しました。
2017/07/18(火) 17:32 | URL | lai #-[ 編集]
No title
こんにちは。
ありがたいコメントでぐっときました。
私もタロもこちらが悪いので反省しています。
一方で相手のかたを非難するつもりは無いのですが
なんだか傷ついてしまったんです。
不注意でできの悪い躾の出来てない高校生と
仕事にうつつを抜かして子供は甘やかせるばかりのダメ親と
世間に烙印を押されたような気持ちになりました。
ですので一旦ブログにも書かず寝かせておいた出来事でした。
しかし私も反省し、タロの様子を見ているうちに
今回の件は相手の方には申し訳なかったですが
私たち親子には必要な経験だったと思い書かせて頂きました。
言葉にするのは難しいですが経験値が上がった、という感じです。
本当に相手の方がお怪我されなかったので言えることですが。
警察の方にも本当にお世話になりました。
とは言えlaiさんにわかって頂けて良かったです。
いつもありがとうございます。
2017/07/18(火) 19:35 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター