FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

親子関係 価値観の違い

こんにちは。

とてもいいお天気ですね。
お盆で不在の間撮録り溜めたNHK朝の連続テレビ小説花子とアンを見ました。

先週は主人公翻訳家の村岡花子の一人息子が
疫痢で夭折してしまいました。

まだ幼い我が子が海に行きたいとゴネるのに
締め切りを抱えた花子は連れて行ってやれませんでした。

そんな中、あっという間の子供の臨終。

花子はもっと何かしてやれたはず
自分の子に生まれなければもっと幸せに慣れたはずと
自分を責めます。

私も二人の子供達が一歳を迎えると仕事に戻りました。

アラサーの私は最も仕事が忙しく楽しくもあった頃です。

今考えればもっと子供との時間を作れたはずだった
あの時何かあったらどうなっていたんだろう
今健康にしてくれていてありがとう。

至極当たり前の事を思い号泣でした。

夫は涙もろくなんでも泣くのでうっうっとか言ってましたが
子供達はそんな両親の姿を見てドン引きでした。

ああ、あの可愛かった頃に戻ってもっとたくさん一緒に遊びたかった。。。


ここからブラック・ミーム全開です。
ダメな方読まないでね。


子供達の小さかった頃を考えると
自分なりにかなり頑張ったと思いますが
子育てに専念しなかったことが
今も後ろめたいです。

自分が放任主義を主張する母に
ネグレクトに近い扱いを受けて育ったのに
自分も結局母と同じことをしたのではないかと。

だからタロは話し言葉がおかしいのでは?
だから中学受験に失敗したのでは・・・

本当に後ろ向きの人間です。


それはさておき
先日母が
「私は全然自分を大事にして来なかった」
家族に尽くし犠牲になったと言ってました。

びっくり。

家事も子育ても拒否して趣味に勤しんでいたのに。

私は趣味も無く仕事と子供達の事だけやって来て。。。

・・・なんだか本当に会話が噛み合いません。
価値観が違い過ぎ。

よく母は自分が鬱になりそうと言っていますが
自分の上手くいかないことは全て他人のせい
反省なしの母は絶対鬱にはなりそうにありません。


母はきっと花子とアンを見ても涙は出ません。


自分と子供達を重ねて見ると感情移入しちゃうけど
母と自分で置き換えたらムカつくだけでした。

チャンチャン



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
是非ぽちっとして頂けると有難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター