FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

ニュージーランドの学校に魅せられて

こんにちは。

今日はとても暖かい一日でした。


さて

留学について私が書いたことは
「語学留学ってどんなもの?」
と思っている方には期待外れだったと思います。


うちは日本語の通じない環境での
息子の成長をもとめて行かせましたので
ネイティブではないお家にステイしても
ま、いっか、と言う感じです。

しかし真剣に語学を習得したいとか
一年留学であれば英語環境の良いところの方が良いですよね。


息子の行ったニュージーランドは
都市部はアジア系の移民が大変多く
ホストもインド人、韓国人が多いです。

反対に農村部は白人ばかりでめったに日本人はおらず

差別もあるそうです。

いわゆる白豪主義というやつでしょうか。


英語がわかるようになると
差別は必ずぶつかる壁らしいです。


短期研修でも
なるべく日本人や日本語との接触を絶って
成果を上げたお子さんもいらしたので

語学の習得については本人の気持ち次第です。


ちなみにタロの行った現地校には
すでに留学五年目の子がいたそうです。

日本の小学校でひどい虐めにあい
もう日本には戻りたくないと言っていたそうですが
いまだに英語はタロと同レベルだったそうです。


そういう子は他にいなかったと言ってましたので
とくに言語の学習が苦手という特性があるのかも知れないですね。


それでもその子はニュージーランドが大好きだそうです。

タロもとても居心地がよかったようです。


タロいわく

「日本の学校は糞でしょ
ニュージーランドでは
先生は立派な職業でとても尊敬されたていたよ」


タロは語彙が少ないので私の推測も入りますが

日本の学校の先生は尊敬されるようなカリスマがなく
子供や親にすり寄りすぎ、ということらしいです。

また学校生活は大変自由で
部活も週一回程度
家族で過ごす時間が長く
土日もお休みで家族で小旅行を楽しんだり
宗教活動をしているそうです。

そういう時間がゆったり流れる感じがとてもよかったようですよ。


留学というものは
語学だけでなく異文化を知ることができるという点が
重要なのかもしれませんね。


次に行くときはもっと日本のことを勉強してから行きたいと
いっているお子さんもいらっしゃいました。


タロは高校に入ったらまた行きたい!と騒いでおりますが

今度行くなら本気で何かを身に着けるという強い意志をもって
いってもらいたいものです。



タロの留学記事、すっかり長くなりましたが
これで終わりたいと思います。



ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
No title
タロくん、成長して帰国したようですね。
親の庇護のない環境がうまく作用したパターンですね。
大成功じゃないですか。

人種差別はどこでも程度の差こそあれあるのでしょうね。
アジア人同士でもあったりしますしね。

これからの高校生活での成長はより楽しみですよね。
私もタロ君の成長日記を楽しみにしています。
2017/04/08(土) 13:51 | URL | yukiko #-[ 編集]
NZでしたか。
はじめまして。
息子さんが1ターム留学をされたと読んで、もしかしてオーストラリアかな?って思っていましたが、NZでしたか!
私は遥か昔に1度しか行ったことがないんですが、NZ人の英語がとっても聞き取りにくかった記憶があります。
(オーストラリアも訛りがあったり言い回しが違ったりしてますが)
中学3年生で海外に留学!
貴重な経験をされて大きくなってご帰国されたことと思います。

今はどこも中国人・インド人・韓国人であるれていますね!!
2017/04/08(土) 14:25 | URL | みのじ #-[ 編集]
yukikoさん
こんにちは。
長々書いてしまいましたが
読んでいただきありがとうございました。
帰国して一週間以上たっていますが
タロは声を荒げることもなく
私ががみがみ言いそうになると
まあまあとなだめられます。
もしかすると本当に大きく変わったのかもしれません。

差別というのは根深いですね。
人間の本能のようなものなのかもしれません。
いいことではないですよね。

コメントをありがとうございました。
2017/04/09(日) 00:10 | URL | ミーム #-[ 編集]
みのじさん
こんにちは。
初めまして。ご訪問ありがとうございます。
オーストラリアいいですね!
学校の用意した計画に乗る形ですので行き先を選べないのですが
私もNZは訛りがあると聞いていました。
しかし今回は英語よりも武者修行のつもりだったので
我が家の場合は気にしませんでした。

タロの場合韓国人のホストファミリーの良くしていただき
本当に喜んでいました。
学校でも中国人のお友達ができたみたいで
アジア人の海外進出が進んでいるなぁと実感しました。

コメントを有難うございました。
2017/04/09(日) 00:18 | URL | ミーム #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター