FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

重過ぎた留学にかける私の思い

こんにちは。

今日は暖かくなりましたが夕立のような雨が降ってきました。



三学期中三のタロをおよそ10週間の短期留学に出しました。

こんなに長く息子とはなれるのは初めてのこと。

息子の方は日頃の頑固な様子から

寂しくは思っても

重症のホームシックにはならないだろうと思っていました。


一方私の方は常に彼を中心に生活が回っていたため

プチ空の巣症候群の様になるかも、と密かに恐れていました。


しかし出発が近づくにつれ
あれもしたいこれもしたいと

私は週末の予定がビッシリになっていました。


実際に旅だった後は開放感いっぱいで
本当に忙しく楽しくやっていました。



しかし、、、


今の時代ホームステイ先がWIFI使い放題の事が多く
何処の国から来た子供も
自室にこもってネットで自国にアクセスしているようです。

余程自分から意欲を持って取り組まない限り
以前のような留学体験は出来ません。

親の方も心配で毎日LINEしまくりの方もいましたし
お母さんと毎日LINE電話している子もいました。


私は折角の留学を無駄にできないと思い
ほとんどLINEはしませんでした。


が、ネットが使い放題であれば
タロのことですから
きっとゲーム漬けに違いないと心配になって来ました。


では学校ではどうかといえば
どの学校も留学生を多く受け入れており
他校からも日本人が多く押し寄せているようです。


家でも学校でも日本語がいつも身近にあるんです。


恐るべし、グローバリゼーション。。。


こうなるとまた私の心配性で後ろ向きな思考回路が回り出しました。


留学ママ友のLINEで私がブツブツ言っていたら

先に上のお子さんを一年留学に出した方が

「期待しすぎたらだめよ、
三ヶ月なら親の有り難みはわかると思うけど
生まれ変わるわけじゃないからね」

となだめてくれました。



私の場合心配や寂しさよりも

留学で息子が変わってくれるんじゃないかという期待感が
大きすぎることが問題だった様です。


そんな心理状態の時に有る知らせが舞い込み

私、がっっっかり  してしまいました。



長くなったので続きます。



ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター