FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

答えは「嫌われる勇気」にあり?

こんにちは。

今日はいいお天気でした。
気温は高くなくても日差しが強く
紫外線がビシビシ突き刺さるようでした。

アラフィフになりシミが気になります~。


昨日 怒らないと決めたことを書きました。

怒らないことにしたら
息子との葛藤はすべて哀しみになってしまい
何とも苦しいことがわかりました。

今日何気なく見ていたTV番組で
大ヒットした「嫌われる勇気」の作者
岸見一郎先生が出演されていました。

私は断捨離に興味を持ってから
本は図書館で借りることが多いのですが
こういった大ヒット作はなかなか順番が回ってこないため
流行が過ぎたころにようやく読むことになります。

ご多分に漏れずこの本も未読です。


この本はユング、フロイトとともに
現代の心理療法を築いた精神科医であるアドラーの教えを書いた本だそうです。

簡単な紹介があったのですが
その中に答えがありました。

怒りというのは問題解決の方法としては実に未熟な方法であり
相手を思い通りにするため作り出されるというのです。

怒りの裏には不安や心配など隠れた感情があり
それを相手に伝えればいいのだそうです。


私の場合
ゲームを一時も手放せないタロに

私はあなたがゲームをしていると
目が悪くなりそうで心配です。
大切な時間を失ってしまうようで不安です。
このままやめられなくなってしまったらと思うと怖いのです。
大きくなったときにどうしてあの時に止めてくれなかったのかと
言われるのじゃないかと恐れています。
依存症になってしまったのではないかと悲しんでいます。

と話せばいいのです。

実際その機会が
先週の修羅場でした。

私は怒らず上のようなことを伝えようとしたのですが
タロはものすごい剣幕でうまく伝わったかはわかりません。

私も泣いてしまってきちんと話せませんでした。

私の間違いは泣いたことでした。

泣くというのは相手を責め、同情や注目を引くための行為だからです。


そのほかネットでアドラーの言葉の抜粋を見ていると
どうやら反抗期の息子を育てている母親である私には
とてもピタッとくる心理学のようでした。

ぜひ、買ってでも読んでみようと思います。


ただ、一つ疑問だったのは

「すべての悩みは対人関係の課題である」
という考え方。

たとえば家のローンが漠然と不安
アトピーでかゆくて眠れない
戦果で焼け出され寝るところもなく食べるものもない
明日雨が降らなければ畑の作物がだめになりそう

こういった誰にも共感できる一般的な悩みは
対人関係の課題なんでしょうか。

やはりきちんと勉強しないとわからないんだろうと思いました。


最後まで読んで下さりありがとうございました。
ランキングに参加しております。
押して頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
No title
ミームさん、こんにちわ。
ゲーム問題の記事、ずっと読ませて頂いています。
ゲームはもれなく我が家の子達も大好きですが、私は問題としてあまり真面目に考えていませんでした。。(汗)
なのでミームさんが真剣に悩んでいる事を、自戒もこめて拝見させていただいております。
天気のいい日に3人で頭寄せ合ってゲームやらタブレットなんかに夢中になっている時は「外で遊べー(怒)!!」と怒鳴って散らしておりますが、雨の日や夜なんかは自分が相手をしたくないのが強くてついつい放置してしまいます。。。
教育より自分のだらしなさが勝ってしまうという相変わらずのダメ親っぷり&ろくに反省もなし状態です。。。

ミームさんはいつも真面目に丁寧に子育てに向き合っていらっしゃって尊敬してしまいます。
そんなキチンとしているお母さんだというのに、いつも自省している所も凄いなぁと感心してしまいます。

ゲームについては他の方も仰っられていたように、タロくん自身が“このままではいけない”ということを自覚していると思うので、ほぼ一般的などこのご家庭にでもある問題じゃないかなと思います。

私は決してゲーム好きな方ではありませんが、大人になって母親になってからだって、たまに数年に一度位の割合でゲームにハマることがあります(゚ー゚;A
“このままじゃいけない”“ただの時間の消耗だ”と分かっていながら、アホのように時間さえあればやり続けてしまう時がありますが、さすがにどこかで止めています(^_^;)

自覚があるなら大丈夫かと。。
ただもしもミームさんと同じようにタロくんにもとても真面目な面があるのならば“自分はダメなんだ”と自己評価を下げ過ぎたりしないように気を付けて見守ってあげるといいのかもしれません。
以上、不真面目人間からみた感想です。
失礼いたしました~<(_ _)>
2016/05/01(日) 13:55 | URL | chiccahana #-[ 編集]
chiccahanaさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
毎日お弁当作り大変ですよね。
GWはいったん休憩ができるのでいいですね。
千葉のおうちに行かれるんでしょうか。
私の先輩も週末のおうちを房総半島に持っていらっしゃいます。
何を食べてもおいしいしとてもリフレッシュできるとおっしゃっていました。
お子さんにもとてもいい環境ですね。

タロの場合やめなきゃ止めなきゃと思いつつ
いじらずにはいられないようです。
息子さんのようにやるときはやるって切り替えがきけばいいのですが
自分でもコントロールできないらしく心配しています。

自己評価を下げない子育ては私も絶対目標なのですが
私が未熟なのでとても難しいです。
ただ上の娘のはなちゃんはとても普通に育っているので
同じ兄弟なのに不思議です。
やはり女の子は早熟だから違うのでしょうか。
彼女は自己評価も低くはないと思います。

ゲームについては私がゲームにばかり気を取られ過ぎたと反省中です。
すべてにおいてバランスよく楽しく心地よい家庭であれば
きっとゲーム以外のことをやる気になるのかもしれません。
まずはタロの居心地の悪い部分を
少しずつ改善していけたらいいなと思っています。

chiccahanaさんは突き抜けていてすごいなあといつも思っています。
私と視点が違うコメントでいつもとても参考になります。
ありがとうございます。
2016/05/01(日) 22:09 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター