FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

どうして私がゲームを嫌うのか

こんにちは。

今日は朝のうち雨でしたが午後はいいお天気でしたね。


昨日はいろいろあって

何か書かずにはいられず
でもいろいろなことが降り積もっていて
どこから書いていいかわからなくなり
あんな形になりました。

もしも読んでくださった方がいたらすみません。

何言いたいかわからなかったですね。


とりあえずぶつ切りでも
自分の頭を整理するために
起こったことをぼちぼち書いていこうと思います。


そもそもうちのタロはゲーム依存であることが
私にとっては大きなストレスとなっています。

ゲームに興味を持ったのは小学校の4年生頃です。

そのころはDSのようなゲーム機が欲しくて欲しくて

その結果、娘のお年玉を持ち出し
ブックオフで中古を買いました。

しかも私に見つかり取り上げられたら
ほとぼりが冷めたころにまた買い

今度は学校の先生に見つかって取り上げられて
再びほとぼりが冷めたころにまた買い

また見つかると

そのころにはスマホのオンラインゲームに興味を持ち

お金を持ち出してまで買ったゲーム機はもうどうでもよくなり

中学の入学祝に祖母にねだってipodを買ってもらって
家のwifiにつないでゲームに浸るようになりました。


そもそもの入り口が
お金を持ち出してゲーム機を買ったことから始まっているので

すっかり私の頭の中では
ゲーム=悪
という構図になり

アレルギー状態になってしまいました。


私のブログを見てくださっている方から見たら

ゲームなんてみんなやっているのに
どうしてこの人 かたくなに嫌っているのかしら
変な人

と思われても不思議ではありません。


こんな私は母親失格だし
こんな息子は将来犯罪者になるかもしれないし
こんなことはだれにも相談できない秘密でした。
実世界では誰にも話していません。

夫ですら詳しくは知りません。
知りたくないそうです。


それでも
ブログでアドバイスをいただき
否定するだけではよくないと
ここ半年は一切ゲームをすることに
口を出しませんでした。


その期間ずっと我慢してきた私の心は
腐ってしまったんだと思います。

もう、我慢できません。


自分の息子でなくても
健康な中学三年生の男の子が
朝起きてから家にいる間中
それこそ食事の時間もトイレでも
ゲームから目を離さないって
異常だと私は思うのです。


可愛かった息子はもういなくなったんだと
思う瞬間があります。

親なのに息子の顔も見るのが嫌な時があるんです。

もうゲームをする息子を見るのは嫌なんです。


最後まで読んで下さりありがとうございました。
ランキングに参加しております。
押して頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


コメント
No title
私も同じ立場でしたらゲームに対するイメージは今よりずっと悪くなっていたかもしれません。私は自分の息子とはたまに「一緒にやってよ」とねだられてゲームに付き合うというわりとポジティブな関わり合いですが、私の4つ下の弟は子供時代も今もゲームで失敗するとものすごくイライラして大変なので、ゲームに対するネガティブな印象も少なからずあります。ゲームに限らず物事の考え方は人それぞれなので、他人に頑なだと思われようが、あなたご自身の考え方を無理に変える必要はないでしょうし、その事でご自身を卑下なさる必要は全くないと思います。

ありきたりの言葉かもしれませんがあえて書きます。完璧な親などどこにもいませんし親の理想通りに育つ子ばかりでもありません。また親の理想通りに育った子が生涯にわたって幸せである保証はどこにもありません。私はあなたが母親失格だとは全く思いませんし、息子さんが将来どのような人になるのかは親はもちろん本人だってわからないと思います。

私は息子の年齢がまだ低いのでわりと仲良し親子だとは思いますが、口論になった時に息子が現地語で屁理屈を言ったことで心の底から腹が立ち、しばらく頭を冷やすために寝室に籠ったことがあります。自分でも大人げないと思いますが、顔も見たくなくなるほど嫌になるのは互いに妥協も遠慮もしない近い関係だからこそかもしれません。いつでも慈愛に満ちた母でいられれば理想ですが、母親も感情を持つ一人の人間なんですもの。そうなれない時もあるのはあなただけではないですきっと。

大丈夫です。ミームみーむさんはお子さん思いのいいお母さんです。どうぞ一人で色々抱え込みすぎませんように。
2016/04/24(日) 23:10 | URL | Suzu-pon #-[ 編集]
Suzu-ponさん
こんにちは。
温かいコメントをありがとうございます。
もう、本当にどうしてこうなったのか
毎日そんなことを考えています。

とにかくおっしゃる通り、息子を自分の思った通りに育たないからと言ってイライラするのはやめないといけないと思っています。
親というものがこんなにプレッシャーのかかる立場だとは思ってもみませんでした。
どこかで誰だって親にはなれる、私もなるにきまってる、うまくいくに違いないと思っていました。
子供たちが小さいころはこの子たちは天才かも!と根拠もなく思い期待もしていました。
でも実際は人の役に立つ一人前の大人にすることがこんなに不安で難しいこととは。。。
ゲームばかりしている息子を見ると不安で押しつぶされそうになります。
注意すれば自分はニートになるからいいんだ!と。
ニートになるには親の存在があって初めてなれるのに
そんなこともわからないで楽しい職業のように考えているんだと思うと目の前が暗くなります。
でもそんな心配は息子にとっては大きなお世話なんですよね。
愛情をかけてプレッシャーをかけない母親になりたいです。
いつも慰めてもらってばかりですみません。
ご訪問ありがとうございました。
2016/04/25(月) 00:55 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター