FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

狼さんチームに子豚が一匹 家にも居場所なし。。。

こんにちは。

今日はお墓参りに行ってきました。

父が亡くなり二年

急にせっせとお墓参りするようになり

ご先祖様も苦笑いされていることでしょう。


はなちゃんと二人で小旅行でした。

先月、父の三回忌の法要がありました。

その日ははなちゃんの大事な試合があって

私とはなちゃんは欠席したんです。


そんなわけで本日二人で行ってきました。


ではタロは?というと

またもや家出中です。


実はお友達が帰ったあと、

タロは緊張が解けずにイライラしていました。


タロにとっては苦手なタイプのグループが大集合していたからです。


部活の後、一人がタロのうちに行こう!と言い出し

タロはいったん断ったそうです。

そこでタロと仲の良いメンバーは遠慮したそうなのですが

その他のいまいちしっくりいっていないメンバーが

全員集合してしまいました。

おとなしい羊さんチームの援軍がないまま
狼さんチームに襲われた子豚、といったところです。

それでも何とか彼なりにおもてなしをして疲れたのでしょう。


しかし私も仕事の後で疲れていて

タロがぶすっとして後片付けもせず
ゲームばかりしていることに腹を立て

返事もしないために口げんかになり


最終的に

「それなら、もう二度とお友達を呼ばないで!」

と、言っちゃったんです。。。。。

それでまたまたまたまた家出です。


三連休、母親のご機嫌をうかがいながらゲームをするのも
面倒だったのでしょうけどね。


先日laiさんから頂いたコメントに

『否定されると居場所がないと思ってしまうお年頃』

と書かれていてハッとしました。


私を困らせようと思って家出したというより
居場所がないと思ったのかな。

母親として子供を否定するのは最低ですね。



し、しかし!

母親は無視されても耐えなきゃいけないなんて
そんなの変!!と

心の奥底で思ってしまう私。

まだまだ修行が足りません。。。。


最後まで読んで下さりありがとうございました。
ランキングに参加しております。
押して頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
子どもたちの関係を
ふと、娘の気持ちを思いました。
私自身も、「お家にお友だちを呼んではだめ。」
と、言い続けてきました。私自身が仕事をして家に大人がいなかったことが一番の理由でした。
でも、心の奥底に、入れられる状況(環境)ではないことへの
いいわけでもあったのかもしれません。
なので、お友だちに誘われても、お家にうかがってはいけない....となってしまい.....。
なかなかお友だちとのコミュニケーションが取れないのは
その時間が大きかったのかな....とふと思うこともあります。
「否定されると居場所がなくなる。」
娘の友達関係に、私もかかわっていたんだろうな.....。

まあ、私自身、お客様を迎え入れることに
緊張というか...得意ではないので.....
同じ状況で子ども時代を過ごしていたので.....。
なんだか、うまく書けません((^_^;)
タロくんの帰ってくる場所は、ミームみーむさんの所です。
大人も子どもも大変だよね~。

お墓参り
きっとご先祖様たち喜んでいますよ(0'v'0)
桜のつぼみもほころび始めました。
2016/03/21(月) 09:42 | URL | こはる #ZhpB80kE[ 編集]
こはるさん
こんにちは。
コメントをありがとうございます。
自分の子どものころできなかったことを
子供にはしてやりたいと思っているのですが
私も不得意分野なのでお客さんはいまだに難しいです。
行き届いていなくても子供たちは案外平気そうなので
気にすることはないのかもしれませんが。。。
ただ、家族にとっては家が居心地よい場所になっていると良いんですけどね。
子供たちはどう思っているんでしょう。

こはるさんの文章を読んでいて
いつも部活に勉強にと充実しているちはやちゃん
何事にも精一杯取組めて素敵ですね。
友達関係、ゆっくり本物を築いていくタイプなのかもなぁと思いました。
部活が最高の居場所になっていて本当にうらやましいです。
元気いっぱいのあすかちゃんは
天真爛漫で明るくて本当にこれからが楽しみですね!!
お二人ともご卒業おめでとうございます。

コメントを読んで私も気が楽になりました。
大人のくせに子供のお友達のもてなしが苦手って
情けないように思っていましたが
同じように思ってらっしゃる方もいるんだと思うとホッとします。
ありがとうございました。


2016/03/21(月) 23:57 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
頑張って!
人間関係難しいですね。タロさんもツラいのでしょう。
その狼さんたちに気を遣い疲れちゃって、
甘える場所はお母さん、なのかもしれません。
でもね~、無視されても耐える、は、出来ないですよね~・・・
強く出ても良いと思いますよ。
家出して、タロさんも少し冷静になれるかも。

「居場所がない」に結びつく否定発言って、どんな?
ミームさんは子育て一生懸命で愛情にあふれ、とても否定するような発言をされるようには思えないです・・。

ウチの場合、
アタシが仕事と家事で疲れていると、
「子どもがいるから疲れるんでしょ。アタシなんかいない方がお母さんは幸せになれるんでしょ。産まれてこなければよかった」
と、こちらからは何も言っていないのに、そんなこと言われてましたよ。高校二年生くらいまで続いたかしら。笑
それが今では、全くそんなことを言わなくなりまして、まあ、進学して離れるからかもしれませんが、子供は必ず成長するのかなあって、しみじみ思います。

ミームさんは今が一番大変な時だけど、時間が解決してくれることもあると信じて、頑張ってくださいね。だって、ミームさんは、とっても良いお母さんだもの。子供さんのことを真剣に考えてあげてる。絶対にわかってもらえるときが来ますよ。
2016/03/22(火) 09:54 | URL | きたあかり #-[ 編集]
No title
無視されたところで黙ってやり過ごさずちゃんと母親としての気持ちを表に出したところは私は素晴らしいと思います。ここをうやむやにしてしまうと、後々正面から向き合うことが難しくなる気がするからです(自分の子供時代の体験からですが)。大丈夫、とってもいいお母さんだと私は思いますよ。

私も家に誰かを呼んだりというのに慣れていないし得意でないので、息子にせがまれてせがまれてやっと「はいはい」と動くのですが(苦笑)何度も遊びに来ている子でも、遊びに来る当日はちょっと緊張が走ります。大人の来客があった時にはもう息子と夫に会話は任せて私は給仕に徹します。私の住む国では自宅にお客を呼ぶ機会がわりと多いのですが、我が家は私の性格もあってだいぶ少な目かもしれません。
2016/03/23(水) 21:43 | URL | Suzu-pon #-[ 編集]
No title
ミームみーむさんこんばんは(*^▽^*)

タロ君は優しい方なのですね~
狼さんといるのはさぞかし不快だったろうと(;´∀`)

それでもお友達と合わせようとするのはとっても
凄いことだなって思います。

私は私自身が友人を家に呼ぶのが嫌いだったんです。
家での自分のペースが乱れたり物を違うところに置かれたり
ゴミが増えたり等が不快だったので。。(+_+)

遊びに来てもらっても帰ってほしくなればもう帰ってと
ハッキリ言ってしまう子でした(;´・ω・)
だから私はそ~ゆうことができないタイプなので社交的に
努力されてるなぁって(*^。^*)

私もちょうど学生のころ好き放題してた結果
過去に家に居場所が無いと思ったことが有り
その頃から両親から離れて友人とばかりいました。

もちろん顔をみれば注意されましたがっ
やっぱり無視してしまいました。
正当な事を言われるので言い返せることがなくて( ;∀;)

今となっては勿体ない時間を過ごしたなぁって思ってます。
もっと親と一緒に旅行だとかお出かけだとかしておけば
良かったのになぁって思いました。
きっとこの思いは日に日に強い後悔になると思います。

結果親が期待していた私にはかすりもせず
育ってしまいましたが( ;∀;)
ある時期になってやっと親の言っていた勉強がどれ程大事かと
ヒシヒシと思い必死で頑張りました。

私が親の事を理解できたのは友人に子供が出来てからでした。
中身はいつまでも私が知ってる彼女でも子が出来て母になって葛藤してる姿を見て自分の母もそ~ゆう思いだったんだろうなってやっと思えるようになりました。

タロくんも親子だから言えるしでも引けないしでもわかってほしいで
難しいですよね~(;・∀・)
でもタロくんも必ず後悔する時がくるとと思います
ミームみーむさんの言ってることが
教えてくれることが大切な事なんだとそう気づくと思います。

出来るだけタロ君が後に
後悔が少なく済むところで気付ける事を応援しています(*^▽^*)

ミームみーむさんはいつも子供の事を考えてくださる
いいお母様だなって思います(*^^)v
応援しています~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
2016/03/23(水) 22:22 | URL | ・pokopoko・ #-[ 編集]
きたあかりさん
こんにちは。
お返事遅くなりすみませんでした。
お忙しいときに温かいコメントをいただき恐縮しております。

タロは友達作りが苦手で人見知りなため
もしかしたらほかの中学二年生男子よりも
家族にべったりかもしれません。
甘えているから喧嘩にもなるし
家出もするんでしょうね。
私が余計なことを言ってバカでした。

月曜日の深夜に戻ってきましたが
凄く穏やかになっています。

お嬢さんたちの反抗期については
本当にそう考えていらしたとは思えませんが
そういう形でお母さんに甘えていたのでしょうか。
そして今巣立ちを控え
おかあさんを思いやる女性に成長されて
とても素敵なことですね。
子どもは成長していくものなのだな、と再認識しました。
その一方で我が子についてはもう大きくならなくてもいいよ
と思ってしまうときもあります。
毎日戦って悩んでいるくせに矛盾していますね。

話がまとまらなくなってしまいましたが
タロの居場所は私の待つ家だし
短い子育ての期間を大切に過ごさなくてはいけないと思いました。
本当にありがとうございました。
2016/03/23(水) 23:17 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
Suzu-ponさん
こんにちは。
コメント参考になります。
なるほど、私が自分の気持ちを伝えたことは
悪いことじゃなかったかもしれないですね。
いつも迷ってばかりなので肯定していただくと安心します。
今回はそのあと喧嘩に発展させてしまったので
そこは失敗だったなぁと思いました。

苦手なお友達でも来てもらった方がその後の関係が良くなるみたいです。
今日は狼さんにおにぎりを三つももらったそうです。(←食べすぎですが)
私もできる限り後方支援をしてあげないとなぁと思いました。
ご訪問ありがとうございました。
2016/03/23(水) 23:28 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
・pokopoko・さん
こんにちは。
貴重な経験を教えていただきとてもありがたいです。

タロは本当のところどう思っているのかよくわかりません。
過去の事件のことや部活内の人間関係の具体的な話しは
思い出したくない、不愉快になるから考えたくないと言って
話題にすると黙ってしまいます。
友達の前ではそこそこ楽しそうにやっているのですが
緊張しているのは間違いない感じでした。

私がいつも理詰めで迫ったり
正しいことと思ってしつけと称し頭ごなしに叱るのは
反発を招くだけでいいことはなさそうですね。
男の子ですから一緒に楽しく過ごせる期間は短いことと思います。
一日一日もっと楽しく大事に暮らせるように努力します。

タロは連休最終日の深夜に姉に連れられて戻ってまいりました。

私は意地を張って戻ってこないのかと思っていましたが
姉には怖くて帰れないともじもじしていたそうです。
どれだけ私のことが怖いんでしょう。。。
いつも怒りすぎかもしれません。

・pokopoko・さんのコメを拝見し
これからもとにかく子供たちを見守っていきますが
もっと自分で気づいて成長するのを
待ってあげられる親になりたいと思いました。

ご訪問をありがとうございました。
2016/03/23(水) 23:49 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
同じでビックリ!
ウチ、日曜の夜に上の子は町内をフラフラしてました。
頼れる身内がいないもので…財布持って行ってなかったし。
私自身が「居場所」を無くさせちゃってました。
反省しつつ、ミームさんの気持ちに同調です。
母はサンドバッグじゃない、耐えなきゃいけないのかしら?といつも思ってしまうのです…。
それでも、家も母もあなたの帰りを待っているからねということは、分かっていてほしいな、と思います。

…売り言葉に買い言葉、やめたい。
でも大人になりきれない私です。
2016/03/24(木) 05:34 | URL | lai #-[ 編集]
laiさん
こんにちは。
私は子どもを叱るのが下手なんです。
どうも反省を促すというより
喧嘩になってしまうのです。
今回もその結果家出しました。
本当に子供を説得するのは難しいですね。
あえて説得、です。
タロは反抗期=反発期で強い力でこちらが押すと
ポーンと跳ね返ってくるか飛んでいっちゃうんです。
でも私は未熟者なのでなかなか抑えが利かないんですよね。。。
落ち着いて考えればわかるんですけどね。
こちらは追い出そうとなんて思っていなくて
わかりあいたいんですけどね。
コメントをありがとうございました。
2016/03/25(金) 08:52 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター