FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

若いママの無理ある子育て

こんにちは。

今日はいいお天気でしたね。

昨年亡くなった愛犬専用のバスタブに植えたチューリップに
つぼみが出来ているのが見えました。

咲くのはまだまだ先です。


今日は土曜で半日勤務でした。



忙しいので三時を過ぎてしまいました。

サービス残業です。


一緒に残っていた一回りも若い女子職員が

「これから帰ってご飯作るんですか?」

「え?昼ごはん?」 ←この時点でまだお昼ご飯にありついてなかったので

「夕飯ですぅ。スゴイなぁ」

はぁ。

我が家はほとんど外食をしません。中食も。

だって、高いし、脂っこいし。


その若い子は小さなお子さんを育てているママです。


よほど私がご飯を作らないように見えるのかしら

もしもその子がご飯を作ってあげていないなら
それも少し心配だな。。。


この職場は保育園併設で
若い子でも正社員はそこそこのお給料がもらえます。
(昇給がほぼ無いですけどね)

外食に使っちゃう気もわかるな。

でもこんな調子で自分の時間と体力を吐き出してしまって
家では疲れてご飯が作れないママって
どうなんだろう。。。

世間では保育園に落ちたママの日本死ね、という書き込みに
注目が集まっていますね。

私が子供たちを育てていたころは
私の住む地域は保育園より幼稚園が普通でした。

どんどん保育園が充実してきていて
私のころよりずっと働く女性に優しい社会になってきていますが
まだまだのようですね。


そこでもう一つ注文が。

もっと時短でも正社員として働くのが当たり前の世の中になって欲しい。

それが出来ていたら私もずいぶん楽でした。

私のように環境の変化に弱いタイプは
現職を失わないようにものすごく無理をしました。

充てにしていた親とも喧嘩、
二重保育やシッターさんなど
お金もすごくかかりました。

男性や独身の同僚にお願いするもの気が引けて
気を使っていたつもりでした。

でも絶対迷惑って掛かっちゃうのが当たり前なので

職場のほうが整備してくれないとどうにもならないんです。

国が保育園を充実させるのは必要ですが

ママにママらしくいさせてあげられるように
社会が変わってくれれば

もっともっと子供を産みたい人が産めるようになるのにな

と思いました。

長文失礼致しました。

最後まで読んで下さりありがとうございました。
ランキングに参加しております。
押して頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
No title
ミームみーむさん

こんにちは。
とても同意が出来ます。

もっとお母さんが楽をできる世の中になるべきですよね。。
今でも負担はとても大きいと感じます。。

変えようとしている人も増えていると思いますので、これからの世代にとっては良い時代になるように自分たちも行動をしていかなければならないと思います。。
2016/02/28(日) 13:47 | URL | MM #-[ 編集]
No title
職場が保育園併設というのは素晴らしいですね。そういう会社がもっとあるといいなと思いますが、なかなかそうもいかないのでしょうか。
最近色々なニュースを読むたびに日本のお母さんって本当に大変だなと気の毒になります。私は息子と娘がいますが、性別が違うだけで将来子供たちが置かれる環境に大きな差が出るかもしれないと考えると胸が痛みます。将来はもっとお母さんたちの負担が軽くなる社会になればいいなと私も願っています。
2016/02/28(日) 16:31 | URL | Suzu-pon #-[ 編集]
MMさん
こんにちは。
コメントをありがとうございます。

私の子供が小さかったころに比べても
ずっと改善して来ていると思うんです。
でも子供を育てるって誰にとっても難しい。
子供との時間を削らせるのは良くないと思っています。
利用しやすい保育環境も大事だけど
母親の働き易さは社会全体の意識が変わらないと
改善しないと実感しています。
おっしゃる通り先ずは私が若いママを理解して
力になっていかないといけませんね。
ご訪問ありがとうございました。
2016/02/29(月) 20:09 | URL | ミーム #-[ 編集]
Suzu-ponさん
こんにちは。
コメントをありがとうございます。
あの書き込みをした方は
保育園に落ちただけでなく他にも子育てに困難を感じているのだろうと思いました。
確かにおっしゃる通り自分の娘が歩く未来が心配です。
私達の世代が変えてあげる事が重要ですね。
できることから始めたいと思います。
ご訪問ありがとうございました。
2016/02/29(月) 20:57 | URL | ミーム #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター