FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

「いじめ」と頑固な息子。

こんにちは。

暑い日が続いていますね。
アイスクリームが好きなのですが
タロに食べてるところを見つかると
くれくれ大騒ぎになるので我慢している今日この頃です。


昨日のタロは帰ってからずーっと拗ねていました。

クラスメイトの一人とうまく行っていないそうです。

その子とは一ヶ月ほど前喧嘩をして
大事になりかけました。

きっかけは些細なことで
タロが教室内で鬼ごっこをしていて
パンを食べていた同級生にぶつかり
謝らなかったので罵り合いになったようです。

うちの子が相手の子をお弁当のバンドでベシッと叩き
怒った相手の子は椅子を投げタロのカバンをひっくり返し
大騒ぎになりました。

はい、タロがちゃんと謝らずその上先に手を出したので悪いんです。

うちの子が余計なことをしたばっかりに
相手の子も先生に怒られたのだから
タロの方が歩み寄って仲直りしてもらわなければいけないのに
タロは自分の方があたかも被害者のように
自分は悪くないと思っています。

どうして自分が悪くないと思い込めるのか
こういったことは小さい頃からあったので
なんでも人のせいにする彼の将来を思うと
目の前が暗くなります。

そんな調子だから相手の子とはずっと仲直りが出来ず
タロ曰く
いろいろとバカにされたり孤立させられたりしているそうで
部活も一緒のため辛くなったようです。

多分に被害妄想的なことも言うので困ります。

小学校の時からそうでしたが
こんな時タロは自分がいじめられたといいます。

親はすっかり自分の子がいじめにあっていると思って心配するのですが
どうも様子が違う。。。

そもそもいじめって何をもっていじめというのかわかりませんが

それなりにクラスに溶け込んでいるし
たくさんのお友達と休み時間も元気に遊んでいる。
いわゆるいじめにあっているようには見えません。

タロは時々頑固に意地を張って喧嘩をする。
その後その相手と仲直りすることができず
小競り合いをするうち多分に被害者意識が高まるようです。

なんでこうなってしまうのか考えてみました。

喧嘩の時に過剰に反応して自分が悪くないと防衛するのは
私が普段怒りすぎているから
タロの心がカチカチに頑固になってしまったのかもしれません。

昨日はあまりにも頑固に相手が悪いと言うので
私もだんだんムカムカして
タロにも悪いところがあるんだと認めろ〜〜〜
と叱ってしまいました。

でも叱りすぎて自分の非を認められない子になってしまったんだったら
叱っても無意味ですよね。。。

まず私が変わらないといけないと思いました。




ランキングに参加しております。
よろしかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村

小さな子達のお母さん方もいっぱい。
二人が小さかった頃のことを思い出すと
怒りもスッと消えてしまいます。
にほんブログ村 トラコミュ 子育てを楽しもう♪へ
子育てを楽しもう♪



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター