FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

小学生時代のトラウマ?健忘??

こんにちは。

本日こちらの地方は台風一過の晴天です。

先日子供達と見てきた映画は『超高速参勤交代』というコメディーでした。
これからタロは社会で歴史が始まります。
歴史物まで行かなくっても時代劇を見せて
歴史に対する抵抗感を減らして欲しいと思って私が選びました。

もともとコメディー大好きなので
面白く見られましたが
上映前の広告で
恋愛映画のキスシーンをたくさん見せられて
親子でものすごく照れました。


映画の内容はドタバタ劇ですが
私は主人公達が街道や山中をひたすら走るシーンが気に入りました。
ロード・オブ・ザ・リングのように
仲間全員で人力にて走りきるところは
なんだかワクワクしました。

弓の名手も出てくるしロード・オブ・ザ・リングのパロディーなのかな?


さて昨日記事を書くにあたって
私の小学校1、2年生の頃のことをいろいろ思い出しました。

昨日に続いて私のお話です。

今では幼稚園でも教えてくれますが
私は小学校入学時、字がかけないことと時計が読めないことを
非常に心配していました。

と、いうのも家で教えてもらっていないのに
私が幼稚園でお友達からお手紙をもらってきたのを見て
父がそのお友達のことを褒めそやし
ミームはダメだダメだと繰り返し嘆いたからです。

私はこの後ずーっと勘違いし続けていたのですが

いろんな知恵や勉強は
誰かに教えてもらわなくても
時が来たら自然に身につくと漠然と思っていました。


何しろ幼稚園に行くような年になれば
字は書けて当たり前と呆れられたのですから。


小学校では
掛け算はできても
九九を覚えたのはクラスでほぼビリでした。
練習しませんからね。


この勘違いは中学校まで続きました。

中学時代試験の度に

数学は暗記じゃないのだから勉強しなくてもできて当たり前なのに
だんだん成績が下がるのは何故なんだろう?

歴史や理科の点数が低いのは常識不足、

みたいに思っていました。

これが誤りと気が付いたのは中学3年でした。
みんな勉強したり練習してるんですよね。
そこからは自宅でもやるようになりましたよ。


今は普通に理科系専門職で働いています。

でも専門職でよかった。
ある程度自分のペースで出来るからです。

自分の子供達にも専門職になって欲しいとついつい思ってしまいます。

子供はこどもとわかってはいるのですが。。。


本当に不安で苦しかった小学校一二年生、
もっと周りに困っていると言えればよかったんだけど
子供って言えないんですよね。

中学校に入ったある日
道でその頃の担任にばったり会いました。

私は小学校時代からの友人と歩いていたのですが
友人が見知らぬ女性に挨拶して話しかけています。

ぼんやりと待っていると友が
ほら、先生だよ!と
私を何やら突っついてきます。

えーっという感じでお顔を拝見するも誰だか全然思い出せず
友が「K先生だよ!K先生!小学校の!!!」
と言って急に思い出しました。

先生はニコニコと待ってくださっていてとっても恐縮しました。

中学生になっていた私は
辛かった思い出とともに
先生のことをすっかり消去していたようです。

これには私自身もびっくりしました。

ただあの時のニコニコと待って下さった先生のご様子からは
先生は厳しいところはあっても
悪い人ではなかったんだろうな〜と今は思います。

後にも先にもあんな風に人の顔を思い出せなかったのはあの時だけです。





ランキングに参加しております。
よろしかったらポチお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター