FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

一つの家にお墓は二つ

こんにちは。

今日は朝から雨、寒くなるそうです。


週末は父の分骨に行ってまいりました。

何故分骨のようなややこしい事態になったかと申しますと

私の祖父が故郷の墓とは別に
自分の最期を過ごした土地に墓を建て
父はその墓を継ぎました。

祖父の代で二つになっちゃったって事なんです。


が、しかし。

父は自分の先祖の墓も大事に思っていて

実際に自分の父、私の祖父の骨も分骨していたので

おそらくは自分も分骨されたいと思っていたのでは?

と考えてのことです。


父は戦時中、東京におり、食糧難に苦しんだようです。

広島に疎開しましたがすぐに原爆が落ち

その後鹿児島に移りました。


地獄から地獄を逃げて回り

最後に辿り着いた鹿児島は楽園に思えたようです。


鹿児島時代は実際には短く
その後も苦難続きだったそうです。


父は一年以上前に亡くなったのですが

家族が揃って分骨に行ける時期を待って今頃になってしまいました。


その間、現在お墓を守っている親戚とのやりとりから

いろいろ考えてしまいました。


今、お墓を守っている大叔父は

若くして死別した妻のため

随分前に現在の地元に墓を作ったそうです。

あちらも二つ管理中ということ。


今回の機会に本家の墓から自分の両親の骨を分骨して

新しく建てた地元のお墓に移す、とのことでした。



今更遅いのですがこの時代

もうお墓を守るって不可能なんじゃないでしょうか。


子供の数は減り、結婚も一回とは限りません。

親戚付き合いも希薄で

遠方に住んでいたらなかなかお墓参りも出来ません。


こんな薄情な事を考えているのは私だけでしょうか。。。


子供達の代になったら一人っ子同士の結婚が多くなり大変だと聞きますが

すでに大変なお家も多いだろうな、、、と思いました。



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
是非ぽちっとして頂けると有難いです。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
以上のような記事を書いたのは
お墓を開けている最中
天候が晴れたり急に降ったりと
目まぐるしく変わったのです。

父は入れて嬉しいでしょうし
ご先祖は住んだ事のない土地に連れて行かれるのは嫌だと
思っているのかな、と。

そんなわけないか!
コメント
No title
こんにちは。

そうですね。
私自身、永代供養か可能であれば散骨がいいなぁといつも言っています。

私もお墓問題に直面した時期があります。
ですので、自分の子供たちには、できることなら縛られることのない環境を作ってあげられたらいいと思っています。
2015/04/07(火) 11:54 | URL | miyazyy #Oy7yNCUI[ 編集]
No title
こんにちは。
本当にそうですね。
縛られることのない環境、とても大事ですよね。
子供達が同じことで負担を感じてしまったら今度は私が後悔します。
といってもあの世で気を揉むことになりますが。
コメントをありがとうございました。
またそちらにも伺います。
2015/04/07(火) 14:24 | URL | ミームみーむ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター