FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

公立推薦入試に物申す

こんにちは。

明日はこちらの地方雪の予報です。

寒くなりそうで嫌だな。。。


さてはなちゃん公立推薦の試験は終了しましたが

合格発表は来週なのでしばらく何と無く気にかかった状態でおります。


そしてその推薦についてちょっと物申してみたいと思います。


私が中学生の時は公立一般試験だけでしたが

先生の指導の賜物か何かはわかりませんが

まるで予定調和のように

受ければ受かるように出願されていたような気がします。

倍率も低いものでした。


私立高校はお金がかかります。

私が見学に行ったところは
初年度120万円以上のところもありました。

これに様々諸経費、交通費かかってきます。

親の負担は相当なもの。

公立でなきゃ進学を諦めないとならない子もいるかもと思っちゃう。


でも今のように公立の推薦は2〜6倍、一般は1.5〜3倍となると

運が悪いと公立にいけない事態もあるのかも。


こちらの公立推薦入試は2年前から
内申よりも作文や面接、集団討論を重視するようになり

塾の先生には「推薦は宝くじに当たるようなもの」という方もいます。


私の友人はシングルマザー、大学生の息子さんが居ます。

息子さんの高校入試の時の話になり

「うちの子は苦労してないから〜、推薦だし。」あれ??

よく聞いたら少し前の推薦は内申が足りていればほぼ落ちなかったそうで

息子さんは絶対に受かるように1ランク下げて出願し

楽勝だったそうです。


大学は奨学金で行ってます。


今の入試では絶対に公立!という子は凄いストレスだと思います。

受かる保証がないので一般入試でウンとランクを下げなければいけません。


入試方法を変えるなら高校完全無償化を実現してからにしたらよかったのに。

ランクが全てではないけど
子供達は気にするし
大きくなってもモヤモヤが残るかも。


人柄重視はいいけど

教育格差に拍車をかけてないですか??

そう思うのは私だけ??



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
是非ぽちっとして頂けると有難いです。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター