FC2ブログ

子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

大人になった発達障害の彼と両親の介護

こんにちは。

今日は知り合いの
大人の発達障害と思われる方のことを
ちょっとだけ書きます。

後日この記事は削除しますね。


その方はアラフィフの男性で
4年前お母様が介護が必要になった時に
お仕事を辞めてお母様のお世話をすることに専念されました。


元々ご両親と妹さんと4人の生活でしたが

お父様は肺が弱くて徐々に動けなくなり
お母様が家で3年間お世話をし看取ったのを知っている彼は

お母様が認知症を発症した時
家族で面倒を見るのが当然だと思ったのだと思います。


今その最愛のお母様の具合がとても悪いようです。

数日前熱が出ていよいよ水分も取れなくなったので
入院させたそうです。

その後徐々に呼吸が弱くなってきたそうで
もう年は越せないかもと主治医に言われたそうです。


熱の出る一週間前
お母様を抱き起こそうとして転んだ時

その時から様子が変だったのだから
その時点で病院に連れて行けば良かったのかもと
ポロポロ涙を流していました。


彼は特有のこだわりで必死に介護をし
この4年ただひたすらお母様を見つめ続けて来ました。



私は子供を育てさせてもらう機会に恵まれ

今年8年寝たきりだった父を亡くしました。


介護と育児はとても似ていて全く違います。

私の父は一生懸命介護してもリハビリさせても

一年に一つ歳を取り
だんだん色んな事が出来なくなり
衰えて行きました。


子供は一生懸命お世話をすれば
少しずつでも色んなことができるようになり
成長していくんです。

介護の辛い現実です。


そして彼にとっては今の老衰のような状態は一番理解し難いようです。

癌などはっきりした原因があった方が納得がいくのでしょう。


でも彼が泣いてばかりいたら
お母様は心配で天国に行きそびれてしまうかも。


タロのことを思い
なんだかお母様目線で悲しくなった出来事でした。



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
是非ぽちっとして頂けると有難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター