子育てが趣味、長女はなちゃんは大学受験にピリピリ、長男タロもいよいよ高校生になりました

六年一貫だからこそのチャンスだったかも

こんにちは。

帰宅時間に台風の雨が降りだしました。

ベタベタ蒸し暑いです。



うちのタロは六年一貫の高校一年生です。


先日ひさしぶりにあった友人の息子さんは
同じく六年一貫の中3生

今回一学期の成績いかんで
上の高校に上がれるか否かが決まるそうです。


以前から友人の長男君はタロと同様甘えん坊で勉強嫌い。



母はお互い励まし合う仲なんですが

友人のおうちは名家で資産家なので

基本路頭に迷うことはありません、ウラヤマシイ・・・( ;∀;)


私も去年はタロが高校に上がれるのか
とても気をもんだこと思い出しました。


でも、その後知ったのですが

成績不振の場合

中三の一学期で他の高校を受験するように学校側から勧められ

高校受験したもののどこにも受からなかった場合

タロの学校は高校に入れてくれるそうです。


私の心配はいったい何だったんだ。。。


しかし、そういう形で上がっても
大抵高校は単位が取れず退学してしまうとか。


それなら自分にあった高校を探す方が確かに良さそうです。



子供が減って学校はどこも生徒の取り合いです。


また、悪い噂はあっという間に広がるので

私立の学校は無理やり退学させるような無体は
しないのではないでしょうか。


さて、タロは高校に上げてもらってどうなったのでしょうか。


私立の六年一貫だったからこそ実現できた
中三三学期の短期留学で
何かが根こそぎ変わりました。


迷走しつつ部活に翻弄された中学時代の締めくくりに短期留学を経て

どうやら自分の将来を考えたようです。


母としては思い付きで
一年留学と言い出したように見えて
もろ手を挙げて賛成するわけにはいかなかったのですが

「このまま日本にいて部活するわけでなく
だらだら三年間過ごすより

自分の売りは『留学経験・英語力』で行こう」と決心し

できるならそのまま二年留学に延長してかの国の高校を卒業し
あわよくば大学にも行こうと考えているようです。


なかなかのウルトラCで
高校時代の私だったら絶対思い付きませんでした。


でももう、ここまで来たら本願達成するまで
日本の土を踏まないつもりで頑張れ!


と言いたいところですが

全ては親の経済力にかかっているような気がします。。。



ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

高校生の留学費用の助成金

こんにちは。

今日は雨でしたが帰りには上がっていました。


今日は留学費用の助成金について書いておこうと思います。

東京都が私立高校向けに
学校が責任を持つ海外プログラムに参加する際
費用の一部を助成する制度をもうけています。

金額は
三か月 55万円   六か月 80万円   一年 155万円

さらに収入が少ない家庭には加算金が付きます。
三か月 20万円   六か月 30万円   一年 60万円

書類を読んだところほかの奨学金を併用することも可能なようです。


一年の留学費用は行く先にもよりますが
300万円から400万円の間だそうです。

半額くらいにはなりそうですよね。


書類には生活保護家庭の場合なども書かれていました。

特に学力に規定はないため
本人にその気があればお金に関しては方法がありそうですよ。


我が家はまだもらえるかはわかりませんし
タロが突然留学しないと言い出す可能性もありますが

お子さんが留学したいと言い出した場合は
しっかり調べれば奨学金、補助金があるかもしれません。


プチ留学情報でした。



ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


生まれ変わりたいけど不安な気持ち、かも

こんにちは。

今日も涼しい夕でした。

7時ころ自転車での帰り道
暑くもなく寒くもなく明るくもなく暗くもない
風が気持ちよくて何時間でも漕いでいられそうなくらい
気分がよかったです。

湿った空気がアラフィフのお肌にも優しそうでしたよ。

ああ、このままずっと気分よく走っていたい
ウニのようにとげとげした息子に会いたくない

この年になって
盗んだバイクで走り出す尾崎豊の気持ちがわかるって感じでした ( ̄ー ̄)



さて

息子はどうしたかと申しますと

とりあえず出すことにした留学申込書を一日目は出さず

翌日は私に促され職員室にいったものの

担当の先生の机の上にポイとおいて帰ってきたそうです。


本当ならその時自治体へ提出する書類をもらえるはずだったのに。。。

どうなるの・・・?


今年三月短期留学から戻ったタロは
反抗期が終わったようでした。


ところが中間試験の前あたりから

進路に迷う息子と

とりあえず迷う前に勉強しろというスタンスの私は

再び親子関係が悪くなってきていました。


親子でそれぞれにタロの将来が見えずに不安になっているのです。


そんな中でおそらくタロの出した答えは

留学で僕は大きく変われた!
もう一度一年も行けばきっと生まれ変われるハズ!

だったのではないかと想像します。


確かに留学は
精神面で鍛えられることは間違いないと私も思いました。


留学して英語と精神力を鍛えて今後につなげるか

普通の高校生活を送り彼なりの人生を見つけるのか

悩みどころです。。。



思春期の彼にとっての一日は
シミしわの気になるお年頃の私の一日はとまるで違います。


成長と老化、前進と維持、進化と退化、インプットとアウトプット、投資と回収・・・・


この時期の一年、親と離れて厳しい環境に身を置けば

きっと成長できると私も信じたいです。



タロも不安はその分大きいのでしょう。だから不機嫌なのです。


私も不安感からキーキーするのではなく
息子に優しく接してみようと
声の音量を半分にしてみました。

それだけでも今日は会話ができました。


留学まで半年

するのであればいい留学にできるように

出来る限りコミュニケーションを取っていこうと思います。




ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

留学問題 そもそも子育て下手の私には解決できませんっ

こんにちは。

今日は曇って過ごしやすかったです。

しかし余りにお湿りが無いので水不足が心配です。



タロの留学問題で私の気持ちは湿りがちです。


申し込み期限の今になって行くと言い出したので

私は何もわからないまま書類を出すことになってしまいました。


学校に申し込みを待ってもらえないものか聞いてみましたが

自治体からの補助金が数人分は出るそうで

そちらの締め切りがあるため延ばせないのだそうです。


自治体は一人当たり留学費用160万円弱を補助してくれるそうです\(◎o◎)/!


嬉しいようなもったいないような複雑な気持ち。


勿論自己負担の方が沢山かかりますが

タロのような微妙な意気込みの子供にかける金額としては大きいです。


もっと有効な使い道があるだろうに。。。。



今のところ留学希望者は少なくタロでももらえる可能性がある様です。


それを聞くと私もついついケチなもので

「補助金が貰えなかったらその分は出世払いで返してね」
といったところ

タロはすっかりすねてしまい

「行っても良いって言ったくせに

そんな条件をつけるなんて手の平返しだ

行かせたくないんだろ!」

と狂暴な顔つきでダンマリ。


留学申し込み前の貴重な週末なのに話し合いもできず

タロ自身は期末前なのに勉強もせず


本当に気分が悪かったです。



この一件で全然話し合いにならず

親ならば当然確認するべき
本人の目的ややる気や覚悟を聞くことが出来ませんでした。




私は思うのです。


私はエキセントリックな母と勝負師のような父の子に生まれ

まともな子育てをしてもらえませんでした。


要は手本となる子育てを知らないので
子育てが苦手なのです。


私の特技はもはや仕事なので子供をつくるべきではなかったんですよね。


蟻だって蜂だって社会性をもつ生き物は
分業しているではないですか。


職場の先輩にブツブツ愚痴っていたら


「あなた以前にも同じ事を言っていたけど

私の両親にこの話をしたら

子育てが得意な親なんてこの世にいないと言っていたわよ~」

ですって。



いろんな方のブログを拝見する限り

皆さん才能豊かな素晴らしいお子さんに恵まれ
楽しんで子育てしているようにしか見えませんが


自分だけじゃない、子育てが得意な人なんていない

と自分に言い聞かせ

あと数年頑張ります。。。




ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

息子の留学とお金の心配

こんにちは。

今日は日差しの強い一日でしたね。


小林麻央さん お疲れさまでした。


年を取るということは経験値が上がっていくことなんですね。

その分いろんな過去の別れを思い出し
遠い存在の麻央さんの死にも
ついつい涙が出てしまいました。



タロが参加をすることになる留学は
学校が業者と提携して送り出すプログラムです。

高校二年の一年間を利用していきますが留年はなく
帰国後は三年生に入ることになります。


短期留学にいったタロの様子では
学力面は英語と数学以外は期待出来なさそう。

いっそのこと二年生をやり直してもらった方が安心です。


タロは何か習得したいものがあっていくということではありません。

むしろ普通の高校生活を失くしてしまう結果になるのです。


おそらく普通の大学受験は難しくなり

浪人するか
大学も留学するかのどちらかになるでしょう。


私の友人は高校時代に留学し
大学は日本の大学を出ましたが
大学院はアメリカに留学しました。

バリバリのキャリアウーマンになれましたが
彼女は子供のころから自分というものがあったので
タロとは大違いです。

ちょっと参考にはならないかも。


他に高校で一年留学した友人は
英語に自信があり
転職に不自由はしていません。

何か専門性があるわけではないです。


他の人にも聞いてみましたが
高校で留学したら大学も留学した方が
その後につながるようです。


そうなると

一番の問題はお金です。

今回一年留学に行かせたら
はなちゃんの大学入学とかぶり

はなちゃんの学資保険が下りても
老後資金を取り崩すことになります。


大学四年を留学に行かせれば取り崩すどころか
お財布は空っぽ間違いなしです。

留学中はビザの関係でバイトもできないといいますし。。。



親なんだからそれくらい、と思う気持ちもありますが

これこそ甘ったれの息子をスポイルすることにならないでしょうか。


何かがすっきりしない気持ちです。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいですo(^-^)o



にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ミームみーむ

Author:ミームみーむ
あっという間の三年間でした。春が来たらタロも高校生。はなちゃんは高三の受験生です。子育てのゴールが近づき何だか寂しいアラフィフです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター